« 2011年8月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年9月

2011年9月23日 (金)

芸工大飯塚さん最年少入選 自主製作映画・ぴあフィルムフェス 性同一性障害をテーマに

Lineup_award15_2

作品に込めた思いを語る飯塚さん(山形市上桜田の東北芸術工科大で) 自主製作映画の登竜門とされる「ぴあフィルムフェスティバル」で、東北芸術工科大映像学科3年の飯塚花笑(かしょう)さん(21)が脚本・監督などを手がけた映画作品「僕らの未来」が、コンペ部門「PFFアワード」に最年少で入選した。さらに、カナダで開かれる「バンクーバー国際映画祭」のアジア部門「ドラゴン&タイガー」の招待作品としてもノミネート。飯塚さんは「初の長編が認められ、信じられない」と喜んでいる。

 「ぴあフィルムフェスティバル」は今年で33回目。本県ロケ作品「小川の辺」の篠原哲雄監督や、現在上映中の「神様のカルテ」の深川栄洋監督らも過去に入選している。

 今回、「PFFアワード」には計602本の応募があり、飯塚さんの作品を含む17本が入選。グランプリなど受賞作品は、最終日の30日に決まる。

 「僕らの未来」は、女性の体に産まれたが、心は男性という高校生が、性同一性障害を受け入れていく75分間の作品。主人公は思春期の真っただ中で、制服のスカートをはくことなどに悩みながらも、歩みを進めていく。飯塚さんは、自身が性同一性障害の当事者。「自分の中で一番大きな問題だったので題材にした」と打ち明ける。

 ただ、本作のテーマは、性同一性障害にとどまらない。飯塚さんは「他者と違う、“普通じゃない自分”は誰にでもあり、悩むはず。でも、その先に必ず出口はあるから大丈夫と言いたかった」と説明する。

 作品は昨年8月、大学の機材を借りて9日間で集中的に撮影した。撮影スタッフは映像学科の1、2年生。出演者は、同大生のほか、学内の未就学児教育機関「こども芸術大学」に子どもを通わせる保護者にも声をかけて確保した。撮影場所には山形北高を借りた。

 映像学科の1、2年次で学ぶのは基礎だけのため、撮影の実践的技法は知らなかった。これまで作った作品は長くても5分間。このため本を読んで独学した。出演者も全員が素人で、試行錯誤の連続だった。

 撮影に行き詰まると、映画監督の根岸吉太郎・同学科長に相談。根岸学科長の「力むことないよ」との言葉に救われた。

 「ぴあ」の審査員には、「技術的にはまだまだ」と指摘されたが、「身を切って、全力で映画に自分自身を託した所が良かった」と評価されたという。

 作品は、東京国立近代美術館フィルムセンターで開催中の「ぴあフィルムフェスティバル」で23、29日に上映されるほか、山形市の山形国際ドキュメンタリー映画祭でも10月10日に上映予定。

 同大は「入選は快挙。作品をぜひ鑑賞してほしい」としている。

2011年9月23日 読売新聞

2011年9月 3日 (土)

第31回日本性科学学会学術集会

会長茅島江子(東京慈恵会医科大学医学部看護学科教授)

 

2011年10月2日(日) 東京慈恵会医科大学西新橋校1号館3階・5階講堂

〒105-8461 東京都港区西新橋3-25-8[電話]03-3433-1111(代)

 

特別講演: 環境因子と子どもの健康森千里(千葉大学大学院教授)

特別講演 : 人権とセクシュアリティ高村寿子(自治医科大学名誉教授)

- 日本とラテン社会のピアカウンセリング活動を通して-

会長講演: 性の健康と看護茅島江子(東京慈恵会医科大学教授)

 

シンポジウム: 看護における性の健康支援

座長 東京慈恵会医科大学医学部看護学科 教授 川野雅資

日本性科学会カウンセリング室 臨床心理士 金子和子

「慢性疾患患者のセクシュアリティと看護」千葉県立保健医療大学健康科学部看護学科准教授 大谷真千子

「女性脊髄障害者のセクシュアリティと看護」国立身体障害者リハビリテーションセンター看護師 道木恭子

「不妊症患者のセクシュアリティと看護」聖路加看護大学教授 森 明子

「がん患者のセクシュアリティと看護」 昭和大学医学部乳腺外科講座特別研究生 渡邊知映

 

シンポジウム: 性暴力・性犯罪とその対応

座長 あべメンタルクリニック院長 阿部輝夫

大阪府立大学人間社会学部准教授 山中京子

「性暴力被害を受けた女性の支援」すぺーすアライズ室長 麻鳥澄江

「医療現場における性暴力被害者への支援」まつしま病院院長 佐々木静子

「性犯罪加害者への治療」はりまメンタルクリニック院長 針間克己

「性犯罪加害者へのカウンセリングの実際」東京大学大学院教育学研究員 石丸径一郎

2011年9月 2日 (金)

日本性科学連合 第13回性科学セミナー

日 時 2011年10月1日(土) 13:00~17:30

(開場 12:30)

会 場 東京慈恵会医科大学西新橋校

大学1号館3階講堂

テーマ 災害とジェンダー、セクシュアリティ

[ 開会挨拶 ]

開会挨拶

13:00~13:10 日本性科学連合会長 野末 源一

[ 特別講演 ]

特別講演

13:10~14:10 震災復興にジェンダー・多様性の視点を

演 者 東日本大震災女性支援ネットワーク 丹羽 雅代

女性の安全と健康のための支援教育センター

[ 講 演 ]

講 演

座 長 花村 温子

14:10~14:40 震災における生と性を守る意味とは

演 者 渡會 睦子

東京医療保健大学医療保健学部看護学科

14:40~15:10 『大震災』地震・津波・原発事故とセクシュアルヘルス

演 者 村口 喜代

村口きよ 女性クリニック

15:10~15:20 〈休憩 〉

15:20~15:30 第12回アジア・オセアニア性科学学会について

演 者 第12回アジア・オセアニア性科学学会会長 大川 玲子

国立病院機構千葉医療センター産婦人科

講 演

座 長 池上 千寿子

15:30~16:00 災害とジェンダー

演 者 小川 真里子

東京歯科大学市川総合病院産婦人科

16:00~16:30 災害とリプロダクティブヘルスへの国際支援

演 者 小長井 春雄

(社)日本家族計画協会理事

16:30~17:00 平時からできるワクチンによる性感染症

演 者 内藤 俊夫

順天堂大学医学部総合診療科

17:00~17:30 全体ディスカッション

2011年9月 1日 (木)

暁の空

Article_210_100388_image1_176_176

“本来の性”を手に入れるまで──。
性同一性障害に立ち向かう日々を綴った自伝小説

http://www.amazon.co.jp/%E6%9A%81%E3%81%AE%E7%A9%BA-%E5%BB%A3%E7%94%B0-%E7%88%B2%E4%BD%90/dp/4286106411

○内容紹介
幼い頃から、俺が一番手に入れたかったものは“おちんちん”だった。厳しいイジメに遭った小学時代、女の象徴であるかのようなセーラー服を着ることが嫌でたまらなかった中学時代、性同一性障害に向き合って自我を認めてもらおうともがいた高校時代……。あまりにも大きな、性の違和感という壁を乗り越えて、本当の自分の身体を手に入れるまでの壮絶な半生を描いた渾身の青春小説!

○著者プロフィール
廣田爲佐(ひろたいさ)
平成2年11月19日生まれ。
東京都在住。
性同一性障害で、生まれた時の戸籍は女性だったが、現在は男性。
横浜共立学園を高校1年生で中退、高校2年生から東京文理学院高等部に編入、卒業。
18歳の時にチャイルドカウンセラー、メンタルケア心理士の資格を取得。
NPO法人GIDmediaのスタッフ。

« 2011年8月 | トップページ | 2012年1月 »