« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月18日 (土)

ありがとうございます

島根からご製作にいらした患者様からお心遣いをいただきました。

001

有名な奥出雲ワインだそうです。

日本各地よりいらしていただいて各地のおみやげをいただけるのは幸甚の至りですが、気を遣っていただいて恐縮です。 
どうかお気をつかわないでください。

2011年6月 5日 (日)

GID学会 第13回研究大会(二日目)

6月5日(日)


  A会場

  9:30 〜 11:00

シンポジウム4
「児童・思春期のGIDへの対応 ― 教育と医療の現場から ―」

    【座長】松永 千秋  (医療法人正和会 日野病院)
      【座長】松本 洋輔  (岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 精神神経病態学教室)

             タイトル未定
    【演者】春山 浩康  (文部科学省 初等中等教育局 児童生徒課 課長補佐・進路指導調査官)

                   性同一性障害の子どもと学校における対応
    【演者】中塚 幹也  (岡山大学大学院 保健学研究科)

                    性同一性障害の子どもへの臨床心理士としての対応
    【演者】二宮 ひとみ  (大阪医科大学総合医学講座神経精神医学教室)

                    大阪医科大学附属病院において LHRH アナログ治療を決定した経過について
    【演者】康 純  (大阪医科大学総合医学講座神経精神医学教室)

                    児童から思春期にかけての子供へのかかわり方
    【演者】豊島 久恵  (MTF当事者の母)

                    性同一性障害に関する相談窓口の開設ついて
    【演者】青山 正彦  (川崎市教育委員会川崎市立富士見中学校)

                    トランスジェンダー生徒交流会からの発信
    【演者】土肥 いつき  (京都府立高校教員)

  line


  11:00 〜 12:00

特別講演
  「乳房形成術と私」

    【座長】丹羽 幸司  (ナグモクリニック大阪)
           【演者】南雲 吉則  (医療法人社団ナグモ会 ナグモクリニック)

  line

  12:00 〜 13:00

昼休み

 

line

  13:00 〜 13:20

総会

 

line


  13:20 〜 14:50

シンポジウム5
「地方のGID診療の現場から」

    【座長】山口 悟  (医療法人社団ナグモ会 ナグモクリニック名古屋)
                  【座長】阿部 輝夫  (あべメンタルクリニック)      

             GID 診療の現状 ~受診者数、身体的治療、検査、カウンセリングについて~
           【演者】髙橋 高人  (公立大学法人福島県立医科大学医学部 神経精神医学講座)

                    岐阜大学病院の GID 診療の現状
    【演者】深尾 琢  (岐阜大学大学院医学系研究科神経統御学講座 精神病理学分野)

                    北陸地方の GID 治療の現場から
    【演者】佐分 美代子  (さぶりクリニック)

                    多施設連携による GID 医療
    【演者】織田 裕行  (関西医科大学医学部 精神神経科学講座)

                    地方の GID 診療の現場から ~福岡大学病院からの報告~
           【演者】縄田 秀幸  (福岡大学医学部 精神医学教室)

                    クリニックおもろまちを受診した性同一性障害 153 例について
    【演者】宮島 英一  (クリニックおもろまち)

  line

  14:50 〜 16:20

シンポジウム6
「GIDの外科療法について」

    【座長】磯貝 典孝  (近畿大学医学部 形成外科学講座)
                  【座長】佐々木 春明  (昭和大学藤が丘病院 泌尿器科)

                   身体的治療を取り巻く諸問題と札幌医大における SRS の現状
    【演者】舛森 直哉  (札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座)

                    当科における GID の外科療法について
    【演者】百澤 明  (埼玉医科大学総合医療センター 形成外科・美容外科

      ナグモクリニックにおけるGID外科療法に対する取り組み
    【演者】山口 悟  (医療法人社団ナグモ会 ナグモクリニック名古屋)

                    我々の行っている性別適合手術とジェンダーセンター設立の意義
    【演者】難波 祐三郎  (岡山大学大学院医歯薬学総合研究科機能再生・再建科学専攻 形成再建外科学)

                    GID 患者における顔面輪郭形成術
    【演者】広比 利次  (リッツ美容外科東京院)

                    性同一性障害に対する音声機能外科手術
    【演者】中村 一博  (東京医科大学八王子医療センター 耳鼻咽喉科頭頸部外科)

  line

  16:20 〜 16:35

閉会式

  line
 

B会場

  9:30 〜 10:30

一般演題 4

    【座長】堀口 貞夫  (主婦会館クリニック)

                   女性ホルモン抑制療法- FTM へのダナゾールの有効活用について
    【演者】真木 柾鷹  (FTM の健康を考える有志の会)

                    FTM 当事者の初診時に認めた子宮頚部細胞診異常
             − FTM 当事者における子宮頚癌検診と予防ワクチンの考え方 −

    【演者】新井 富士美  (岡山大学病院ジェンダーセンター産婦人科)

                    性同一性障害を伴った Kleinefelter 症候群の1例
    【演者】合阪 幸三  (御茶ノ水・浜田病院産婦人科)

                    当科における SRS( 子宮全摘術および両側付属器切除術 ) の現状
    【演者】大久保 貴司  (赤心堂病院産婦人科)

                    FTMTS に対する再建陰茎の術後経過について
    【演者】光井 俊人  (岡山大学病院形成外科)

          line

  10:30 〜 11:30

ミニレクチャー 3

    【座長】竹田 省  (順天堂大学産婦人科学教室)

                   傷が目立たない最新の腹腔鏡下子宮全摘術(単孔式手術)の実際
    【演者】菊地 盤  (順天堂大学産婦人科学教室)

                    産婦人科におけるホルモン製剤の種類と特性について
    【演者】金丸 ひかり  (順天堂大学産婦人科学教室人科)

    line

    12:00 〜 13:00

理事会

 

line

  13:20 〜 13:50

ミニレクチャー 4

    【座長】内島 豊  (赤心クリニック)

                   男性更年期障害に対するホルモン療法;男性ホルモン製剤について
    【演者】石井 和史  (岡山大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器病態学)

  line

  13:50 〜 14:50

一般演題 5

    【座長】東 優子  (大阪府立大学人間社会学部)

                   声の性別判定に関する研究:ホルモン未投与および投与中の Female to Maleを
       対象として

    【演者】正岡 美麻  (東京大学総合文化研究科)

                    高知県の精神科・心療内科における性同一性障害診療の現状と受診者数
    【演者】永瀬 まどか  (高知大学医学部)
           【代理発表】関 明穂  (川崎医科大学 健康管理学)

                    イスラーム圏の性同一性障害、そして性別越境者
    【演者】伊東 聰  (性同一性障害患者支援センター)

                    児童思春期の性同一性障害(GID)への対応 ―学校現場との連携について―
           【演者】越本 莉香  (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻展開医療科学講座                  
                                                     精神神経科学)

            

性別違和の強度を評価する自記式質問紙尺度(UGDS)日本語版の信頼性、
       妥当性、カットオフ値

    【演者】石丸 径一郎  (東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース)

    line

  14:50 〜 15:50

一般演題 6

    【座長】山田 尚吾  (天神心療クリニック)

                   性同一性障害における治療中断理由の検討
    【演者】佐藤 暢子  (万代こころのクリニック)

                    沖縄県における GID 治療の現状と課題 ~当院における 200 例余の分析から~
           【演者】山本 和儀  (山本クリニック)

                    性別変更後に発症した適応障害に対し、認知行動療法を導入した 1 症例
    【演者】木下 真也  (大阪医科大学総合医学講座神経精神医学教室)

                    広汎性発達障害の特徴をもった性同一性障害2症例の報告
    【演者】伊藤 匡  (東京えびすさまクリニック)

                   

FTM の”彼女 ”へのアンケート調査
    【演者】阿部 輝夫  (あべメンタルクリニック)

    line

  中継会場 / ポスター展示会場

ポスター展示一覧

        P-1 九州ルーテル学院大学 児玉 恵美
        P-2  一般社団法人 gid.jp 日本性同一性障害と共に生きる人々の会
        P-3  GID しずおか
        P-4  岡山大学病院ジェンダークリニック受診者と家族の会

        P-5  COM らっど
        P-6  ウィズアス
        P-7  性と人権ネットワーク ESTO
        P-8  LGBT の家族と友人をつなぐ会
        P-9  FtM&FtX association MaX.
  line

2011年6月 4日 (土)

GID学会 第13回研究大会(一日目)

6月4日(土)

      A会場


  11:30 〜 12:20

会長講演
「私がGID診療に取り組んだ理由」

 

line

  12:20 〜 13:20

トピック
「GID診療の健康保険適用について」

    【参加者】中塚 幹也  (岡山大学大学院保健学研究科)
                  【参加者】南雲 吉則  (医療法人社団ナグモ会 ナグモクリニック)
                  【参加者】針間 克己  (はりまメンタルクリニック)
                 【参加者】福田 亮  (フクダクリニック)
  
  line


  13:20 〜 14:20

シンポジウム1
「生殖医療の現状と問題点」

    【座長】花井 一夫  (犬山中央病院産婦人科)
            【座長】富山 達大  (大阪ニューアートクリニック)      

             性同一性障害と生殖医療
    【演者】石原 理  (埼玉医科大学医学部産婦人科)

             性同一性障害カップルにおける非配偶者間人工授精
    【演者】久慈 直昭  (慶應義塾大学医学部産婦人科学教室)

             生殖補助医療技術の最新知見
    【演者】香川 則子  (加藤レディスクリニック)

  line

  14:20 〜 15:30

シンポジウム2
「DSM5案の診断基準に見られるGID概念の将来」

    【座長】針間 克己  (はりまメンタルクリニック)
    【座長】平田 俊明  (しらかば診療所)      

             性同一性障害の診断の歴史と操作的診断基準
    【演者】中根 秀之  (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻
                                    理学・作業療法学講座 作業療法学分野)


       トランスジェンダー現象の「脱・病理化」をめぐる議論の動向
    【演者】東 優子  (大阪府立大学人間社会学部 社会福祉学科)

             性別を越えて生きることは「病」なのか?
           【演者】三橋 順子  (群馬大学医学部)

  line


  15:30 〜 16:40

シンポジウム3
「特例法の現状と問題点」

    【座長】佐藤 俊樹  (さとうクリニック)
                  【座長】山本 蘭  (一般社団法人 gid.jp 日本性同一性障害と共に生きる人々の会)      

             特例法の現状と問題点 -医師の立場から-
    【演者】康 純  (大阪医科大学 神経精神医学教室)

              特例法における性別変更要件の見直し
    【演者】渡邉 泰彦  (京都産業大学 法科大学院)

            

 

line

  B会場

  12:20 〜 13:20

一般演題1

    【座長】鶴田 幸恵  (奈良女子大学人間文化研究科社会生活環境学専攻)
       

        岡山大学病院ジェンダークリニック受診者と家族の会 ~設立と現状~
      【演者】野原 ナオコ  (岡山大学病院ジェンダークリニック受診者と家族の会)

        性同一性障害当事者の地方偏在性の考察
    【演者】上野 柚季恵  (一般社団法人gid.j p日本性同一性障害と共に生きる人々の会)

        地方におけるGIDセルフヘルプグループの現状と可能性2
        ~参加対象を限定した交流会の運営方法と課題~
    【演者】広瀬 沙織  (WITH US(私たちとともに)性同一性障害実行委員会)

      北海道での活動から~地方に住む性同一性障害を有する当事者が望むもの
    【演者】工藤 理恵  (北海道で活動する性同一性障害の自助支援団体「COM らっど」)

  line


    13:20 〜 14:20

一般演題2

    【座長】石丸 径一郎  (東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース)

      性別違和感のある子どもに関する文部科学省通知の認知度と
        学校での対応への意識
    【演者】岡崎 倫子  (岡山大学病院産科婦人科)

      性同一性障害当事者の就労の現状と課題
    【演者】久井 礼子  (岡山大学医学部保健学科)

      性同一性障害当事者への支援と社会的課題に関する意識調査
    【演者】日阪 奈生  (岡山大学医学部保健学科)

      川崎市精神保健福祉センターにおける性同一性障害の相談の取り組みの経過と
        課題について
    【演者】熊切 真奈美  (川崎市精神保健福祉センター)

      ニューハーフ・セックスワーカーと性の健康
    【演者】 要 友紀子  (SWASH(Sex Work and Sexual Health)

    line

      14:30 〜 15:30

一般演題3

    【座長】二宮 ひとみ  (大阪医科大学総合医学講座神経精神医学教室)

      性同一性障害患者支援センターの活動報告および今後の展望
    【演者】岡本 真希  (性同一性障害患者支援センター)

        「性の越境」をどうとらえるか
        ~男女別施設の利用アンケート調査からみる「性別の基準」
    【演者】安間 優希  (性同一性障害 / 性別違和をかかえる当事者・理解者と社会をつなぐ
                                   コミュニティ・サークル GID Proud)

    【代理発表】青山 悦也   

      地方都市におけるセクシュアルマイノリティ当事者グループの設立と運営
    【演者】関 明穂  (川崎医科大学 健康管理学)

      「性同一性しょうがい」者と非当事者の共生の現状と課題 −東北圏のケース−
    【演者】内田 有美  (宮城学院女子大学大学院人文学会)

     性適合手術をうける患者への看護師の役割 ~看護師へのアンケート調査より~
    【演者】小林 隆宏  (札幌医科大学附属病院)

     性同一性障害(GID)をもつ人への看護の提言
      —ライフヒストリー・インタビューによる GID の人の軌跡より
    【演者】篠原 好江  (つくば国際大学医療保健学部看護学科)

      line

      15:30 〜 16:00

ミニレクチャー 1

    【座長】池田 健次  (医療法人社団曙会流山中央病院)

      腹部手術のペインコントロール
    【演者】石野 弘之  (石野麻酔科クリニック)

      line

      16:00 〜 16:30 

ミニレクチャー 2

    【座長】中澤 学  (医療法人社団ナグモ会ナグモクリニック東京)

      うつ病診療の実際
      【演者】池田 官司  (北海道文教大学人間科学部作業療法学科)

      line

  17:30 〜

懇親会

 ※別会場となります

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »