« ありがとうございます | トップページ | GID学会 第13回研究大会(二日目) »

2011年6月 4日 (土)

GID学会 第13回研究大会(一日目)

6月4日(土)

      A会場


  11:30 〜 12:20

会長講演
「私がGID診療に取り組んだ理由」

 

line

  12:20 〜 13:20

トピック
「GID診療の健康保険適用について」

    【参加者】中塚 幹也  (岡山大学大学院保健学研究科)
                  【参加者】南雲 吉則  (医療法人社団ナグモ会 ナグモクリニック)
                  【参加者】針間 克己  (はりまメンタルクリニック)
                 【参加者】福田 亮  (フクダクリニック)
  
  line


  13:20 〜 14:20

シンポジウム1
「生殖医療の現状と問題点」

    【座長】花井 一夫  (犬山中央病院産婦人科)
            【座長】富山 達大  (大阪ニューアートクリニック)      

             性同一性障害と生殖医療
    【演者】石原 理  (埼玉医科大学医学部産婦人科)

             性同一性障害カップルにおける非配偶者間人工授精
    【演者】久慈 直昭  (慶應義塾大学医学部産婦人科学教室)

             生殖補助医療技術の最新知見
    【演者】香川 則子  (加藤レディスクリニック)

  line

  14:20 〜 15:30

シンポジウム2
「DSM5案の診断基準に見られるGID概念の将来」

    【座長】針間 克己  (はりまメンタルクリニック)
    【座長】平田 俊明  (しらかば診療所)      

             性同一性障害の診断の歴史と操作的診断基準
    【演者】中根 秀之  (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻
                                    理学・作業療法学講座 作業療法学分野)


       トランスジェンダー現象の「脱・病理化」をめぐる議論の動向
    【演者】東 優子  (大阪府立大学人間社会学部 社会福祉学科)

             性別を越えて生きることは「病」なのか?
           【演者】三橋 順子  (群馬大学医学部)

  line


  15:30 〜 16:40

シンポジウム3
「特例法の現状と問題点」

    【座長】佐藤 俊樹  (さとうクリニック)
                  【座長】山本 蘭  (一般社団法人 gid.jp 日本性同一性障害と共に生きる人々の会)      

             特例法の現状と問題点 -医師の立場から-
    【演者】康 純  (大阪医科大学 神経精神医学教室)

              特例法における性別変更要件の見直し
    【演者】渡邉 泰彦  (京都産業大学 法科大学院)

            

 

line

  B会場

  12:20 〜 13:20

一般演題1

    【座長】鶴田 幸恵  (奈良女子大学人間文化研究科社会生活環境学専攻)
       

        岡山大学病院ジェンダークリニック受診者と家族の会 ~設立と現状~
      【演者】野原 ナオコ  (岡山大学病院ジェンダークリニック受診者と家族の会)

        性同一性障害当事者の地方偏在性の考察
    【演者】上野 柚季恵  (一般社団法人gid.j p日本性同一性障害と共に生きる人々の会)

        地方におけるGIDセルフヘルプグループの現状と可能性2
        ~参加対象を限定した交流会の運営方法と課題~
    【演者】広瀬 沙織  (WITH US(私たちとともに)性同一性障害実行委員会)

      北海道での活動から~地方に住む性同一性障害を有する当事者が望むもの
    【演者】工藤 理恵  (北海道で活動する性同一性障害の自助支援団体「COM らっど」)

  line


    13:20 〜 14:20

一般演題2

    【座長】石丸 径一郎  (東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース)

      性別違和感のある子どもに関する文部科学省通知の認知度と
        学校での対応への意識
    【演者】岡崎 倫子  (岡山大学病院産科婦人科)

      性同一性障害当事者の就労の現状と課題
    【演者】久井 礼子  (岡山大学医学部保健学科)

      性同一性障害当事者への支援と社会的課題に関する意識調査
    【演者】日阪 奈生  (岡山大学医学部保健学科)

      川崎市精神保健福祉センターにおける性同一性障害の相談の取り組みの経過と
        課題について
    【演者】熊切 真奈美  (川崎市精神保健福祉センター)

      ニューハーフ・セックスワーカーと性の健康
    【演者】 要 友紀子  (SWASH(Sex Work and Sexual Health)

    line

      14:30 〜 15:30

一般演題3

    【座長】二宮 ひとみ  (大阪医科大学総合医学講座神経精神医学教室)

      性同一性障害患者支援センターの活動報告および今後の展望
    【演者】岡本 真希  (性同一性障害患者支援センター)

        「性の越境」をどうとらえるか
        ~男女別施設の利用アンケート調査からみる「性別の基準」
    【演者】安間 優希  (性同一性障害 / 性別違和をかかえる当事者・理解者と社会をつなぐ
                                   コミュニティ・サークル GID Proud)

    【代理発表】青山 悦也   

      地方都市におけるセクシュアルマイノリティ当事者グループの設立と運営
    【演者】関 明穂  (川崎医科大学 健康管理学)

      「性同一性しょうがい」者と非当事者の共生の現状と課題 −東北圏のケース−
    【演者】内田 有美  (宮城学院女子大学大学院人文学会)

     性適合手術をうける患者への看護師の役割 ~看護師へのアンケート調査より~
    【演者】小林 隆宏  (札幌医科大学附属病院)

     性同一性障害(GID)をもつ人への看護の提言
      —ライフヒストリー・インタビューによる GID の人の軌跡より
    【演者】篠原 好江  (つくば国際大学医療保健学部看護学科)

      line

      15:30 〜 16:00

ミニレクチャー 1

    【座長】池田 健次  (医療法人社団曙会流山中央病院)

      腹部手術のペインコントロール
    【演者】石野 弘之  (石野麻酔科クリニック)

      line

      16:00 〜 16:30 

ミニレクチャー 2

    【座長】中澤 学  (医療法人社団ナグモ会ナグモクリニック東京)

      うつ病診療の実際
      【演者】池田 官司  (北海道文教大学人間科学部作業療法学科)

      line

  17:30 〜

懇親会

 ※別会場となります

« ありがとうございます | トップページ | GID学会 第13回研究大会(二日目) »

セクシャルマイノリティ【イベント】」カテゴリの記事