« gid.jp 3月 広島交流会のお知らせ | トップページ | GID学会当事者交流会 »

2010年3月 3日 (水)

GID(性同一性障害)学会 第12回研究大会 プログラム

GID(性同一性障害)学会 第12回研究大会 プログラム

会 期:2010年3月20日(土)・21日(日)

会 場:札幌医科大学臨床教育研究棟大講堂

大会長:池田官司(北海道文教大学人間科学部作業療法学科)

3月20日(土)

12:50 – 12:55 開会の辞

池田 官司(北海道文教大学人間科学部作業療法学科)

13:00 – 14:00 一般演題1

座長 織田 裕行 (関西医科大学精神神経科学講座)

1.GID(性同一性障害)学会の一般演題の分析

  ○関 明穂1),永瀬まどか2),中塚幹也3)

 1)川崎医大健康管理学,2)高知大学医学部,3)岡山大学大学院保健学研究科

2.当事者グループのウエブサイトの分析

  ○永瀬まどか1),関 明穂2),中塚幹也3)

1)高知大学医学部,2)川崎医大健康管理学,3)岡山大学大学院保健学研究科

3.教員を対象とした性同一性障害に関する講演前後の知識や対応の変化について

○宮島英一1)2)3), 平良直樹1)2),近藤 毅3)

1)天久台病院,2)クリニックおもろまち,3)琉球大学医学部精神病態医学分野

4.学校における性別違和感のある子どもへの対応:教員の意識

  ○菊池由加子1),新井富士美1),清水恵子1),2),松田美和1),2),中塚幹也1), 3)

1)岡山大学病院ジェンダークリニック産婦人科,2)岡山大学大学院医歯薬学総合研究科,

3)岡山大学大学院保健学研究科3

5.性別違和をもつ人々の経済状況と不安傾向の実態調査

  ○松嶋淑恵  文教大学大学院人間科学研究科人間科学専攻修士課程

15:00 – 16:00 一般演題2

座長 康 純 (大阪医科大学精神神経医学教室)

6.性同一性障害当事者のカミングアウト(1) —自己開示の観点に立脚した探索的面接調査—

  ○堀内孝1),新井富士美2),松田美和2),小谷早葉子2),菊池由加子2),中塚幹也3)

 1)岡山大学大学院社会文化科学研究科,2)岡山大学病院産科婦人科,3)岡山大学大学院保健学研究科

7.規定されないものとしてのジェンダー・アイデンティティ

  ○佐々木掌子  慶應義塾大学先導研究センター/慶應義塾大学文学部

8.一般男女及びGIDのMtFとFtMのTCI検査結果の比較

○宮島英一1) 2),山城貴恵1),平良直樹1),近藤毅2)

1)医療法人天仁会クリニックおもろまち,2)琉球大学医学部精神病態医学分野

9.人格の生涯発達と性同一性の統合について-発達論的にみた性同一性障害の発症に関する一考察-

 ○松永千秋  正和会 日野病院

10.性同一性障害患者のいじめ・虐待被害経験とMMPIに関する検討

  ○二宮ひとみ,原祐子,本村暁子,川端康雄,康純,堀貴晴,木下真也,米田博

  大阪医科大学神経精神医学教室

15:00 – 16:00 一般演題 3

   座長 松本 洋輔(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科精神神経病態学)

11.性別適合手術をうける患者への看護師の役割〜退院した患者のアンケート調査より〜

○森佳代,久慈みゆき,山本恵,中島久美子,石井絢子

札幌医科大学附属病院 泌尿器科看護室

12.長崎大学病院性同一性障害外来の治療転帰について

  ○越本莉香1),中根秀之2),今村明3),木下裕久1),鬼塚芙美1),千葉洋介1),井上統夫4),

増崎英明3),小澤寛樹3)

1)長崎大学病院 精神神経科,2)長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 保健学科 作業療法学

3)長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 展開医療科学講座 精神神経科学

4)長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 展開医療科学講座 産婦人科学

13.性同一性障害患者支援センターのこれまでの活動を振り返って

  ○山口 悟  性同一性障害患者支援センター

14.ナグモクリニックにおけるGID医療に対する取り組み(2010年報告)

  ○山口 悟  ナグモクリニック

15.岡山大学病院ジェンダークリニックの診療システムの実態調査

  ○大田有貴子1),新井富士美2),富岡美佳3),高馬章江4),菊池由加子2),清水恵子2)5) ,

松田美和2)5),中塚幹也1) 2) 3)

1)岡山大学医学部保健学科,2)岡山大学病院ジェンダークリニック産婦人科 ,

3)岡山大学大学院保健学研究科,4)岡山大学病院看護部

5)岡山大学大学院医歯薬学総合研究科

16:20 – 17:00 一般演題4

座長 土肥 いつき(セクシュアルマイノリティ教職員ネットワーク)

16.性同一性障害当事者の地域偏在性についての考察

  ○山本 蘭  性同一性障害をかかえる人々が、普通にくらせる社会をめざす会

17.地方の当事者支援団体における今後の活動展開

  ○工藤理恵  十勝釧路地方を中心として活動する性同一性障害の自助支援団体「COMらっど」


18.地方におけるGIDセルフヘルプグループの現状と可能性 

   〜WITH US雪の日の集い4年間の歩みを通して〜

○広瀬沙織  WITH US(私たちとともに)性同一性障害実行委員会

17:00 – 18:00 特別講演1 「GID当事者活動 -これからの課題-」

 座長 大島 俊之 (九州国際大学法学部)

 講師 山本 蘭  (性同一性障害をかかえる人々が、普通にくらせる社会をめざす会)

18:10 – 20:00 懇親会

札幌医大食堂「e-dining」(札幌医大付属病院 地下1F)

3月21日(日)

10:00 – 10:50 一般演題5

座長 舛森 直哉 (札幌医科大学泌尿器科)

19.SRS後に尿道狭窄を起こした1例

  ○内田洋介1),川上一盛1),中川 昌之1),川原元司2)   1) 鹿児島大学泌尿器科,2) 川原泌尿器科

20.腹部に手術痕のない内性器摘出手術〜当院におけるGID-FTM患者に対する「膣式子宮附属器全摘手術」の試み〜    

○深江司  深江レディースクリニック

21.Female to Maleの声の特性:男性ホルモンの投与による変化

○正岡美麻1),高木謙太郎2), 坂口菊恵3),針間克己4), 阿部輝夫5),長谷川寿一1)

1)東京大学総合文化研究科,2)東京大学教養学部,3)お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科

日本学術振興会,4)はりまメンタルクリニック,5)あべメンタルクリニック

22.FTMのホルモン療法中に生じた「ニキビ」に対するアダパレンの有用性

○阿部輝雄  あべメンタルクリニック

11:00 – 12:00 特別講演「性同一性障害に対する精神療法的かかわり」

座長 齋藤 利和  (札幌医科大学神経精神医学講座)

講師 塚田 攻   (埼玉医科大学かわごえクリニック)

13:10 – 13:25 総会

13:30 – 15:00 シンポジウム 「身体的治療の問題点と将来への展望」

座長 山口 悟(ナグモクリニック) 遠藤 俊明(札幌医科大学産婦人科)

1.FTMTSに対する乳房切除法の選択

○佐野成一 ,難波祐三郎,片山 祐子,安積昌吾,大槻祐喜,田中義人,小野田聡,渡部聡子,山田潔 ,

長谷川健二郎  岡山大学形成再建外科

2.当院におけるFTMTSに対する陰茎再建の方法の推移と将来の展望

  ○田中義人1),難波祐三郎1),片山裕子1),安積昌吾1),大槻祐喜1),佐野成一1),小野田聡1),渡部聡子1),山田潔1),

長谷川健二郎1),光嶋勲2)    1)岡山大学 形成再建外科,2)東京大学 形成外科

3.FTM症例の医学的な問題点とは?〜札幌医大GIDクリニックの経験から

  ○馬場剛1),遠藤俊明1),長澤邦彦1),大村東生2),池田官司3),塚本壇4),白石将毅4),小林健太郎4),

向裕加4),小笠原雅美4),舛森直哉5),斉藤豪1)

1)札幌医科大学産婦人科,2)札幌医科大学第一外科,3)北海道文教大学,4)札幌医科大学精神神経科,

5)札幌医科大学泌尿器科

4.GID – FTMにおける2D/4Dの検討

  ○久末伸一1),舛森直哉1),向裕加4),佐々木掌子2),久慈みゆき3),森佳代子3),山本恵3),石井絢子3),

池田官司4),塚本 泰司1)

   1)札幌医科大学泌尿器科,2)慶應義塾大学先導研究センター,3)札幌医科大学付属病院看護部,

4)札幌医科大学神経精神科

FTMエピテーゼ専門店 匠

« gid.jp 3月 広島交流会のお知らせ | トップページ | GID学会当事者交流会 »

セクシャルマイノリティ【イベント】」カテゴリの記事