« gid.jp 12月 関西交流会 & クリスマス会 のお知らせ | トップページ | 新・名医の最新治療 性同一性障害 »

2009年11月24日 (火)

総力報道!THE NEWS “悩みを分かって”私が性別を変えたワケ密着・困難と闘う日々

TBS 18:40-19:50

総力報道!THE NEWS “悩みを分かって”私が性別を変えたワケ密着・困難と闘う日々

妻をめとった男性が女性の戸籍をとりたい。

戸籍の性別を変更するには条件が。

戸籍変更に密着。

大迫真美さん

性別は男性ですが、過去は悩み深い。

会社員。かつてはスーツ姿。

カミングアウトしてしばらくは、営業からお声がかからず。

妻にうち明けると、離婚。

性別変更の思いがつのる。

3年前、申し立て。受理されず。一人むすめがいて。

こなし要件ですね。

当時の条件だった。

去年法律が改正。

「今年むすめが20。変えることは出来ます」

メールでむすめに。

「かまわないけど。私にとってはお父さんはお父さん」

民主党は、未成年でも、としている。

戸籍上の性別変更をするひとがいるのはなぜか。

このクリニックでは。

「みなが離れていきそうで」

「うつをへい発していて」

「差別偏見を受けるのではという不安が強いのでは」

黒木りょうさん、

体は女性だが心は男性。

つきあってる女性もいます。

幼いころから体の違和感。

女性として就職、体のきょひ反応。女性としての制服があり。

転職を繰り返し。

自分の存在意義を失う。

一つの決断。

手術で体を男性に返ること。

日本では少なく、手術費は高額。そこでタイに。

戸籍変更は手術が条件。

必要な書類をそろえて家庭裁判所に申請。

「うれしいというよりも、元に戻ったような。喜ぶよりも安心」

ようやく自分自身を取りもどし、自分自身の人生を歩みだしたのです。

5つの条件。

未成年の子に変わった。

FTMエピテーゼ専門店 匠

« gid.jp 12月 関西交流会 & クリスマス会 のお知らせ | トップページ | 新・名医の最新治療 性同一性障害 »

セクシャルマイノリティ【メディア】」カテゴリの記事