« 総力報道!THE NEWS “悩みを分かって”私が性別を変えたワケ密着・困難と闘う日々 | トップページ | 女性として生きたい 【くらしを見つめて】 »

2009年11月27日 (金)

新・名医の最新治療 性同一性障害

週刊朝日 2009年11月27日号

Syuukanasa

吉野薫さん(仮名・30)の場合、FTMではあるものの性別に対する違和感はそれほど強くなく、髪を短く切り、男性のような服装をしていれば生活ができていた。しかし付き合ってきた女性と結婚したいと思うようになり、悩んで針間医師の外来を受診してきた。

 針間医師と吉野さん、彼女も含めて話し合った結果、彼女はからだを変えることを強く希望していないことがわかり、からだを変えないまま同居を続けることになった。針間院長は言う。

「ホルモン投与や手術には、リスクもあります。最初からからだを変えることに目を向けるのではなく、どうすれば自分の人生を心地よく過ごせるようになるのか、幅広い視点で考えてみることが大切です」

 針間医師はこう続ける。

「性同一性障害の患者さんにとって大きな助けになるのは、周囲の理解です。とくに親が性同一性障害の子どもに接する場合は、最初から全否定せず、子どもの言い分を十分に聞いてほしい。手術でからだを変えたとしても、周囲が性同一性障害という病気、ひいてはその人を理解しようとしなければ、生活していくのはむずかしくなります」

FTMエピテーゼ専門店 匠

« 総力報道!THE NEWS “悩みを分かって”私が性別を変えたワケ密着・困難と闘う日々 | トップページ | 女性として生きたい 【くらしを見つめて】 »

セクシャルマイノリティ【メディア】」カテゴリの記事