« ESTO主催 第34回親子交流会@東京 | トップページ | ESTO主催「LIFE&LIVE Vol.13」 全12回講座 番外編 »

2009年9月11日 (金)

性別疑惑のセメンヤは両性具有、オーストラリア紙が報じる

性別疑惑のセメンヤは両性具有、オーストラリア紙が報じる

【9月11日 AFP】(一部訂正)性別疑惑の渦中にあるキャスター・セメンヤ(Caster Semenya、南アフリカ)が、性別判定検査の結果、両性具有であることが判明したとオーストラリア紙が11日に報じ、国際陸上競技連盟(International Association of Athletics Federations、IAAF)の事務総長も同選手が「100%」の女性ではないことを認めた。

 豪デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)紙は、セメンヤのテストにかかわった匿名の関係者が「セメンヤが両性具有だという確たる証拠がある」と語り、同選手が男性器と女性器を持ち、子宮や卵巣はないと明らかにしたと報じている。

 IAAFのピエール・バイス(Pierre Weiss)事務総長は、先日AFPに対してセメンヤが「両性の可能性」があると語っていた。

 セメンヤの件は11月に行われるIAAFの評議会で決着することを明らかにしたバイス事務総長は「彼女が女性であることははっきりしている。しかし、100%そうだとは言えないのかもしれない。両性であることで、他の選手と比べて彼女がアドバンテージを得ていたかどうかを確認しなければならない」と語っている。

 今回の騒動は、南アフリカの与党アフリカ民族会議(African National Congress、ANC)を激怒させ、同党はセメンヤに対する検査は「性差別主義的かつ人種差別的」としている。

 IAAFは、第12回世界陸上ベルリン大会(12th IAAF World Championships in Athletics Berlin)女子800メートルでのセメンヤの優勝が取り下げられることはない見通しを明らかにしているが、過去に事例のある両性具有の4選手に対しては「キャリアを終えるよう要請した」と発表している。(c)AFP

女子800優勝の南ア選手は両性具有…豪紙

【シドニー=岡崎哲】8月にベルリンで行われた陸上の世界選手権女子800メートルで優勝した南アフリカのキャスター・セメンヤ選手(18)について国際陸連が性別を調査している問題で、オーストラリア紙シドニー・モーニング・ヘラルド(電子版)は11日、セメンヤ選手が医学検査の結果、男女両方の生殖器を持つ両性具有だと判明したと伝えた。

 同紙によると、血液や染色体、婦人科の検査を行った結果判明したもので、セメンヤ選手には卵巣がなく、男性ホルモンのテストステロンを大量分泌する精巣が体内にあることが分かったという。セメンヤ選手は出生証明書では女性ながら、幼少時から男性的な身体能力があると指摘されてきた。

 国際陸連は医学検査結果をもとに対応を検討するが、同紙は、セメンヤ選手の金メダルは剥奪(はくだつ)せず、2位だったケニアのジェネス・ジェプコスゲイ選手にも金メダルを与える可能性を指摘している。

読売新聞 2009年9月11日

性別疑惑のセメンヤ選手は両性具有だった

 女か男かで議論が渦巻いているベルリン世界陸上女子800メートルの金メダリスト、キャスター・セメンヤ選手(18)=南アフリカ=の性別に関し、国際陸連(IAAF)の性別検査の結果、同選手が両性の身体的特徴を持っていることが明らかになった。11日、豪州各紙が報じた。

 デーリー・テレグラフ紙、シドニー・モーニング・ヘラルド紙によると、セメンヤの性別検査は医師はじめ各分野の複数の専門家によって行われた。検査でセメンヤには両性の身体的特徴が認められ、体内に睾丸があり、子宮と卵巣がなく、男性ホルモンのテストテロン数値が通常の女性の3倍以上も分泌されていることが判明したという。

 これによって今後、世界陸上での金メダルや国際競技参加資格の剥奪処分が下されることも考えられる中、IAAFのニック・デービース広報担当は「自動的に失格ということにはならないだろう。ドーピングの検査などとは違う。過去の事例と比較して判断されるべき」と話している。同様の事例はIAAFだけでも過去4年間で8件あり、そのうち2件に失格処分が下されている。

 ただ米各メディアは、「男性ホルモンは男女両性が分泌するもので、それだけで性別を判断できない」とする専門家の意見も取り上げている。検査結果は今週中に正式に報告される予定だが、IAAFの性別検査に関しては人種差別との批判も強かっただけに、この問題の波紋は、さらに広がりそうだ。

産経新聞 2009年9月11日

「男性疑惑」浮上のセメンヤさんは両性具有と報道、英豪紙

(CNN) ベルリンで今年8月に開かれた世界陸上選手権の女子800メートルで圧勝し、「男性疑惑」が浮上した南アフリカのキャスター・セメンヤ選手(18)の問題で、英、オーストラリア各紙が11日、ドイツでの性別検査の結果、同選手が男性の生殖器を併せ持つ両性具有であることが分かったと報じた。

豪州のシドニー・モーニング・ヘラルドと英国のサン両紙が伝えた。ただ、両紙とも情報の出所には触れていない。ドイツでの性別検査は国際陸連(IAAF)が指示していた。

陸連のデービス報道担当は、ドイツから検査の結果が届いており、専門家がこれから詳しく分析するとしている。分析には数週間掛かる見通しで、結論が出た後、同選手と会い、対応策を講じるとしている。

ただ、同担当は、同選手が男性ホルモンの効果で有利だったことが証明されても、不正な行為を働いたわけではなく、メダルを取り上げるのは極めて難しいとの考えも示した。

セメンヤさんは女子800メートルで今季世界最高となる1分55秒45で優勝。しかし、驚異的な記録と筋肉質な体格、低い声などから「男性ではないか」との疑惑が持ち上がっていた。同選手は女性であることを主張し続け、母国の雑誌にグラマーな姿態も披露していた。

CNN 2009年9月11日

FTMエピテーゼ専門店 匠

« ESTO主催 第34回親子交流会@東京 | トップページ | ESTO主催「LIFE&LIVE Vol.13」 全12回講座 番外編 »

セクシャルマイノリティ【ニュース】」カテゴリの記事