« 椿姫彩菜「受け入れてほしかった」 「性同一性障害」を考えるシンポ開催 | トップページ | だから私は後悔しない ~性同一性障害との闘い~ »

2009年8月 8日 (土)

言葉知られても受け入れ進まず=「性同一性障害」で意識調査

体の性と心の性が一致しない「性同一性障害」について、言葉はほとんどの人が知っているものの、受け入れる社会になっていると考える人は3人に1人程度にすぎないことが8日、理解促進活動を行っている「『GID(性同一性障害)シンポジウム2009』実行委員会」が実施したアンケートで分かった。
 アンケートは、一定要件を満たせば戸籍の性別を変更できる性同一性障害特例法が施行されて7月で5年となったことから、一般の認識の変化などを調べるため、全国の男女1038人を対象にインターネットを通じて行った。最高裁によると、2007年度末までに性別変更が認められたのは841件。
 アンケートによると、「性同一性障害」という言葉について、「知っている」と回答したのは85.2%。「なんとなく聞いたことがある」を合わせると99.5%に上った。どのような病気かについても「知っている」と「およそ知っている」の合計は96.6%に達した。
 一方、「現在の社会が当事者を受け入れる社会になっていると思うか」との問いに「なっている」としたのはわずか0.7%。「ある程度」を合わせても36.3%にとどまった。
 「友人・知人」または「家族」が性同一性障害だった場合、事実をオープンにできるかでは、「できない」「おそらくできない」としたのは友人・知人の場合39.6%。家族では66.5%となった。

FTMエピテーゼ専門店 匠

« 椿姫彩菜「受け入れてほしかった」 「性同一性障害」を考えるシンポ開催 | トップページ | だから私は後悔しない ~性同一性障害との闘い~ »

セクシャルマイノリティ【イベント】」カテゴリの記事