« 言葉知られても受け入れ進まず=「性同一性障害」で意識調査 | トップページ | gid.jp 8月 東京交流会のご案内 »

2009年8月10日 (月)

だから私は後悔しない ~性同一性障害との闘い~

性同一性障害と戦う女性とその家族の姿を追ったドキュメンタリー。父親から母親となった女性の抱く想いに迫る。

 

チャンネル : WOWWOW [191ch][HV]

放送日時 : 2009年8月15日(土) 午後4:30

        2009年8月20日(木) 午後8:30

        2009年8月23日(日) 午前9:00

 

番組紹介

近年ようやく認識が広がってきた性同一性障害という病気。しかし、以前はここまで病名が知られることもなかった。この病気の治療の難しいところは、医療だけではなく、法改正と、周囲の理解が必要とされるからである。
 この番組では、父親から母親となった女性とその家族を中心に、この病気との闘いをクロニクルとして描くドキュメンタリーである。性同一性障害という病気と闘いつつも、明るく前向きに生きていく母親・水野淳子さんとその家族。外見も、心も女性だが、戸籍は男性という状態での生活が続く。そんな中、性同一性障害特例法という法律が、この病気で苦しむ人々を救済するために2004年に施行された。これにより、一定条件をクリアできれば戸籍の性別変更も可能となった。しかし、子供を持つ親は、その条件から外れる。水野さんもその一人である。だが水野さんは言う「それでも私は子供を持ったことを後悔していない」。2008年性同一性障害特例法が改正され、『子供がいないこと』から『未成年の子供がいないこと』へ条件が緩和された。
 番組では水野さんや同じ病気と闘う人々のこれまでの人生を追いながら、当事者たちが現在日本で「(自分らしく)生きていく」ことの意味を考える。

FTMエピテーゼ専門店 匠

« 言葉知られても受け入れ進まず=「性同一性障害」で意識調査 | トップページ | gid.jp 8月 東京交流会のご案内 »

セクシャルマイノリティ【メディア】」カテゴリの記事