« アレ今どうなった?「性同一性障害者の性別取扱特例法」 | トップページ | Rainbow Arts Exhibition 2009 »

2009年7月18日 (土)

Is everybody normal now? 同性婚セミナー in スウェーデン大使館

Is everybody normal now?
同性婚セミナー in スウェーデン大使館

スウェーデンでは今年5月に婚姻法を改定し、同性婚を認める国々(カナダ・デンマーク・オランダ・ノルウェー・南アフリカ・スペイン・ベルギー、そしてアメリカの一部の州)の仲間入りをしました。
性別に関係なくすべての人々に開かれた、この婚姻法の成立はどのようにして可能となったのでしょうか。スウェーデンだけでなく他国の例もあわせて紹介するセミナーが開催されます。

どうやって実現できたのか?
成立に至る道のりは?
何を目的としているのか?
憲法解釈の問題か、それとも人権の問題か?
各国それぞれの状況はどうなのか?
賛成と反対、それぞれの意見は?
同性婚を受け入れた社会には何が起こるのか?
講演を聞いて、考えてみませんか?ご質問も大歓迎です。
ぜひご参加下さい。

2009年7月20日(月・祝)13:00-17:00
東京都港区六本木1-10-3-100
スウェーデン大使館 オーディトリアム

■講演者: 
マッティン・アンドレアソン氏(元スウェーデン国会議員)
尾辻 かな子氏(元大阪府議会議員) 
アントニー・トランキーナ氏(米国大使館 二等書記官)  
ボーリス・ディトリッヒ氏(元オランダ国会議員、ヒューマン・ライツ・ウォッチ所属弁護士)

■内容:
プレゼンテーション、ディスカッション、Q&A
終了後はお飲み物をご用意致します。

入場無料
使用言語: 日本語・英語(同時通訳あり)
お申し込み: お名前(匿名可)とメールアドレスを明記の上doseikon.tokyo@foreign.ministry.se までお申し込み下さい。
*お席には限りがございます。(約100席)
お問い合わせ: 担当:佐々木 
doseikon.tokyo@foreign.ministry.se もしくは 03-5562-5066 / 03-5562-5050
スウェーデン大使館ウェブサイト: www.sweden.or.jp
主催:スウェーデン大使館 

協力:オランダ王国大使館 米国大使館 スウェーデン文化交流協会

FTMエピテーゼ専門店 匠

« アレ今どうなった?「性同一性障害者の性別取扱特例法」 | トップページ | Rainbow Arts Exhibition 2009 »

セクシャルマイノリティ【イベント】」カテゴリの記事