2014年10月 1日 (水)

Laph新刊vol.9発売

Laphの新刊となるvol.9が近日発売されます。

弊社の店頭(東京院、大阪院、福岡院)でもlaph vol.9のご購入が可能です。

 

20140920142746625

 

2014092014274714c

 

ヒーローインタビュー
みんなが人生のヒーローです!
ということで
・戸籍変更をした人
・未治療で生きている人
・40歳をすぎて治療を決意した人
・体外受精で子どもを授かった人
・治療をしていて途中でやめた人
etc...
様々な人生をインタビューしました。

仕事インタビュー
今回の職業は、
料理人・小学校の先生・SE・パティシエ・調理師

Back to the Future Cafe
- 語る!!FTMの過去-現在-未来

Tokyo Rainbow Week中に開催された
虎井まさ衛さんをゲストに呼んだトークショーのレポート

FTMあるある
ネットで募集した「FTMあるある」
「あー!!あるある!!」と思うネタ満載です。

PICK UP
アメリカ発trans male magazine

アメリカで自費出版しているtrans雑誌の編集長にインタビュー。
コンセプト等が、ほぼlaphと同じで僕自身もビックリしました。

 

フルカラーA5版
本文/P62
価格/¥1,000(本体価格¥953)

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水)

Laph新刊vol.8発売

Laphの新刊となるvol.8が近日発売されます。

弊社の店頭(東京院、大阪院、福岡院)でもlaph vol.8のご購入が可能です。

Laph8_3


 

Laph8_4


・仕事インタビュー
・FTM@Research
・終活 - 就職活動記録
・最新広告情報
・in my Room - 今回のメンズルームのご紹介
・Girlsアンケート
・カップルインタビュー
・コラム 鼻から牛丼
・OWNER - 自慢の愛車紹介
・図解「俺たちのセルフケア」
・LOVE PEACE CLUB
・パーソナルインタビュー
・関西で見つけたイケMENS
・コラム - 攻めのスピリチュアルで人生妥協なし!
・XS TOKYO インタビュー
・PICK UP - 海外のFTM事情(ドイツ編)
・飲食店紹介
・縁側のつぶやき
・取材裏日記

フルカラーA5版
本文/P62
価格/¥1,000(本体価格¥953)

 

2013年10月13日 (日)

Laph新刊vol.7発売

Laphの新刊となるvol.7が近日発売されます。

弊社の店頭(東京院、大阪院、福岡院)でもlaph vol.7のご購入が可能です。

13092802_201309280143275a5

 

13100201

 

・Biography -  俺たちの40年間の道
・最新広告情報
・Style  -  オシャレメンズの夏コーデ!
・カップルインタビュー
・マジカル恋愛相談
・Girlsアンケート
・仕事インタビュー
・FTM@Research
・PICK UP! - 先生のカミングアウト
・in my Room
・彼女たちが語るエッチの話
・飲食店紹介
・コラム 鼻から牛丼
・ボクたちの一週間
・ポートレートin@東京レインボープライド
・縁側のつぶやき
・取材裏日記

フルカラーA5版
本文/P62
価格/¥1,000(本体価格¥953)

 

2013年9月20日 (金)

Laphの取り扱いを開始しました

FTM専門雑誌

Laph-ラフ-

の取り扱いを開始いたしました。

Laph01_b_2

 

Laph02_b_2


Laph03_b


Laph04_b


Laph05_b

Laph06_b
 

 
通常版(vol.1~vol.7)

フルカラーA5版
本文/P62
価格/¥1,000(本体価格¥953)

Laphplus_b
  

増刊号

フルカラーA5版
本文/P34
価格/¥700(本体価格¥667)

東京院、大阪院、福岡院にてご購入いただけます。 

 

店頭でのlaph vol.1~vo.6及びlaph+(laph plus)の試し読みも可能です。

 

また、出張製作をご希望の患者様につきましても、事前にお知らせくださればお持ちいたしますので、ご希望地にてご購入可能です。

 

以下、Laphのホームページからの引用です。

Laphとは?

僕たちはみんな、女性として世に生をうけました。

laph(ラフ)とは、FTM(♀→♂)をモデルに起用した本の名称で

Concept_img

という4つのテーマの頭文字を合わせてできた造語です。

この本は主役がみんなFTM
主役が、FTMで
主役が、みんなです。
一人ひとりがヒーローになれますように
FTMのそれぞれの生き方を応援します。

最近は、インターネットなどで調べれば大抵のことはわかるけれど
なかなか見えてこないのは、そこにいること(生活しているリアリティ)。

だからlaph(ラフ)では写真を多用し
治療や医学的な内容ではなく、
仕事・ファッション・恋愛・愛車・部屋など
なんでもない日常生活に焦点をあてました。

大丈夫。
君は一人じゃない。

が、伝えたくて…。

そして僕がlaph(ラフ)を通じて伝えたいことは、もうひとつ。

みんな幸せになろうね!

laph-ラフ- 代表 sunao akito

2013年9月10日 (火)

エピテーゼのお色について

フルオーダーでのご製作をご希望の場合は、

ご装着面の色は、患者様お一人おひとりのお肌に近いお色に色合わせを行います。

男性器のお色は、亀頭部、陰茎部、陰嚢部などそれぞれの部位ごとに、患者様のご要望をお伺いした上で、ご年齢やライフスタイルなどを考慮しながら、患者様お一人おひとりに適したお色でお作りいたします。

カラーサンプルは、100種類以上ございます。

患者様に適したお色へ無限に調合が可能です。

| コメント (0)

2013年9月 3日 (火)

gid.jp フォーラム 29th in いわき

gid.jp フォーラム 29th in いわき

「みんなで考えよう! 性同一性障害」

後援 いわき市、いわき市教育委員会、

福島民友新聞社、いわき民報新聞社、福島民報新聞社

講師には、NHK教育テレビの「ハートをつなごう」の出演などで著名な、精神科医

で性同一性障害の研究者としても知られる針間克己先生と、地元いわき市で性同

一性障害の治療にあたっていらっしゃる、野口記生先生をお迎えいたしました。

性同一性障害の概要や基礎的なお話しから、わかりやすく解説していただき、ど

ういう治療が行われるかについても説明させていただきます。

また、当事者の体験談もあります。

ぜひ、この機会に性同一性障害について、知っていただければ幸いです。

性別のことで悩んでいらっしゃる方やご家族の方もぜひどうぞ。

みなさまのご参加を、お待ちしております。

【日時】

2013年 10月 14日(月・祝日)

13:00 ~16:40 (開場 12:30)

【会場】

いわき市生涯学習プラザ 4F 大会議室

福島県いわき市平字一町目1番地 ティーワンビル内

Tel:0246-37-8888(場所の問合せのみ)

【内容】

12:30 開場

13:00 開会、諸注意

13:05 針間先生講演

性同一性障害の概要と治療、家庭や学校、職場での対応について

14:35 休憩

14:45 野口先生講演

いわき市における性同一性障害の治療とホルモン療法について

15:30 当事者の体験談

16:10 質疑応答

16:40 閉会

※ プログラム内容は、都合により変更になる場合がございます

【参加費】

無料

(活動の趣旨に賛同いただける方は、ご寄付をお願いできれば幸いです)

【参加申込】

参加申込は必要ありません。直接会場にお越しください。

【参加対象】

性同一性障害に関心のある方であればどなたでもご参加いただけます。

性同一性障害当事者の方、ご自分の性別に違和感のある方、性別について悩んで

いる方、およびそのご家族、ご友人の方、支援者の方、医療や研究者の方もぜひ

ご参加ください。

※ 取材や研究目的の方は、必ず事前にお問い合わせください。

【講師略歴】

針間 克己 先生

はりまメンタルクリニック院長 精神保健指定医

東京大学医学部大学院卒業

東京家庭裁判所医務室や東京武蔵野病院勤務を経て

はりまメンタルクリニック開院

(所属学会)

日本精神神経学会 性同一性障害に関する委員会委員

日本性科学会幹事長、GID(性同一性障害)学会理事、等

野口 記生 先生

のぐち形成外科クリニック院長

山形大学医学部卒業

横浜労災病院にて初期研修

昭和大学形成外科入局後、形成外科医として関連病院にて研修

現在のぐち形成外科クリニック(福島県いわき市)院長

(所属学会)

日本形成外科学会、日本美容外科学会

主催 一般社団法人 gid.jp 日本性同一性障害と共に生きる人々の会

<問合せ先>

南東北支部 meeting-southtohoku◎gid.jp

(◎は、@に置き換えてください)

本部 〒141-0031 東京都品川区西五反田2丁目6-3 東洋ビル2F

Tel.  03-3492-6071  e-mail info-center◎gid.jp

(◎は、@に置き換えてください)

ホームページ http://gid.jp

2013年9月 1日 (日)

ESTOより宮城と秋田で開催するイベントのご案内

日頃、お世話になっています。

ESTOより宮城と秋田で開催するイベントをご案内いたします。

みなさまのご参加をお待ちしています。

【ESTOイベント】

宮城◆10月19日(土)宮城交流会【ランチ交流会】

秋田◆11月23日(土祝)人権が尊重された社会を考えるシンポジウム

1]宮城交流会【ランチ交流会】

テーマ:第2回セクシュアルマイノリティと災害への備え

−日常と災害 トイレとオフロをどうしよう?−

日時:2013年10月19日(土)10:30〜13:30(開場 10:15)

会場:community center ZEL

参加費:

会員・セクマイ当事者(自己申告) \500円

非会員のアライ・支援者 \1,000円

スタッフ:木之本・真木

申込〆切 10/18(金) 22:00まで

<内容>

災害時は日常の不自由さを浮き彫りにする機会となり

ますが、セクシュアルマイノリティにとっても解決が

望まれる様々な問題をどう切り抜けていくのかを

試されることになります。

今回は、性別の問題で日頃から悩み相談の多い

トイレとオフロをメインに話をしたいと思います。

日常生活でも困っているのに、災害時はなおさら

知恵を絞らないととても不自由です。

テーマとちょっと合わないですが、お昼ご飯を

食べながらの交流会になります。

各自、お弁当持参でお願いします。

時間内の入退場は自由です。

遅刻・早退も大丈夫です。

交流会後は、THC主催の「支えあう学習会」になります。

■申込みおよび詳細はこちらをご確認ください。

http://estonet.info/esto_event/scheduler.cgi?mode=view&no=97

2]人権が尊重された社会を考えるシンポジウム

●平成25年度秋田県地域自殺対策緊急強化事業(普及啓発事業)

人権が尊重された社会を考えるシンポジウム

「子ども達に残したい未来を想う

−セクシュアリティとジェンダー、大切なわたしとあなた、みんなと共に生きるー」

日時:2013年11月23日(土祝) 13:30〜17:00

会場:遊学舎 会議室 (受付 13:00〜)

講師:辛淑玉さん(東京:人材育成コンサルタント)

参加費:無料

<司会>

松浦大悟さん(秋田:前参議院議員)

<パネリスト>

性的マイノリティ:スクランブルエッグ代表 柳田創さん

国際交流・自殺対策:NPO「目的のある旅」 代表 草野剛さん

子ども支援:NPO法人あきた子どもネット 代表理事 後藤 節子さん

<企画展示 性的マイノリティ団体のメッセージ展>

青森県:スクランブルエッグ「「多様な性にYes! IDAHOメッセージ」

岩手県:岩手レインボー・ネットワーク「多様な性にYes! IDAHOメッセージ」

宮城県:♀×♀お茶っこ飲み会「レヅルプロジェクト」

主催:性と人権ネットワークESTO

共催:秋田県中央男女共同参画センター

■申込みおよび詳細はこちらをご確認ください。

http://estonet.info/esto_event/scheduler.cgi?mode=view&no=98

<お問合わせはこちらまで>

性と人権ネットワークESTO

〒010-8691 郵便事業(株)秋田支店 私書箱32号

WEBサイト http://estonet.info

2013年8月10日 (土)

gid.jp フォーラム28th 2013 in 東京

gid.jp フォーラム28th 2013 in 東京

「卵子・精子の凍結保存と子どもの法的問題を考える」

性同一性障害の治療を進めていくと性別適合手術にあたりますが、それによって、

当事者は生殖能力を失うことになります。

でも、それは「自分の子どもを持つ」権利を放棄することではありません。

例えば手術前に、卵子や精子を凍結保存しておけば、それを使って遺伝的なつな

がりのある子どもを持つことができる可能性があります。

残念ながら日本では、従来FTMの方の未受精卵を保存することは、技術的にも倫理

的にもいろいろ問題があり、対応できる医療機関はほとんどありませんでした。

でも、例えば自分の卵子を保存しておいて、それを使ってAIDによって妻に子ども

を産んでもらう、、、そんな夢のような話が実現しそうです。

今回のフォーラムでは、卵子や精子の凍結保存を手がけている専門家をお招きし

て技術的なお話しを伺うと同時に、法律の専門家も交えて、性同一性障害と生殖

補助医療で生まれた子どもの法的問題を考えたいと思います。

こうした問題を考える、日本で初めての会になると思います。

ぜひ、多くのご参加をお待ちしております。

【日時】

2013年9月28日(土)

13:00〜18:00

【会場】

南部労政会館 第6会議室

・JR山手線 大崎駅下車徒歩3分

・東京都品川区大崎1-11-1

・ゲートシティ大崎 ウェストタワー2F

・Tel.03-3495-4915 (場所の問い合わせのみ可)

※当日は、ゲートシティー内の連絡通路が閉まっています。

一旦1Fに降り、外に出てコンビニの横を通り、1F入口より入場ください。 

【定員】

80名

【参加費】

会員   1,500円

一般 2,000円

高校生以下 無料(同等年齢含む)

※ 学生証または公的身分証明証をご提示ください。

【内容】

12:30   開場

13:00   開演、諸注意など

13:10   香川先生講演

            卵子・精子の凍結保存について

14:10  中塚先生講演

            日本における配偶子凍結、第3者配偶子提供の現状:全国調査から

15:20  二宮先生講演

            性同一性障害と家族形成権〜子の福祉も踏まえて

16:20  山崎先生講演

FTMの嫡出子裁判の経緯と展望について

17:00  パネルディスカッション・質疑応答

18:00  終演

18:30  懇親会

【参加申込】

参加される方のお名前(通称可)と、参加人数をお書きになり、

meeting-tokyo あっとまーく gid.jp まで、お申し込みください。

(あっとまーくは、@に置き換えてください)

本フォーラムは、多数の来場者が予想されています。

参加申込されていないと入場できない可能性がございますので、ご注意ください。

【講師紹介】

香川 則子先生

リプロセルフバンク所長

生殖工学博士

2005年  京都大学大学院農学研究科農学専攻博士後期課程修了、博士(生殖工学)

2005年  加藤レディスクリニック先端生殖医学研究所、研究員 入職

2006年  海外招聘研究 アメリカ政府立 絶滅危惧種保護センター

「ネコ科卵子のガラス化保存技術確立」

2007年  同施設 主任研究員

2009年  日本低温医学会評議員

2012年  リプロサポートメディカルリサーチセンター附属リプロセルフバンク 所

2012年  明治大学大学院非常勤講師

------------------------------------------------------

中塚 幹也 先生

岡山大学大学院保健学研究科 教授、GID(性同一性障害)学会 理事長

産婦人科医、医学博士

1986年 岡山大学医学部卒業

1986年 岡山大学医学部附属病院産科婦人科入局

2003年 岡山大学医学部産科婦人科 講師

2006年 岡山大学医学部保健学科 教授

2007年 岡山大学大学院保健学研究科 教授

2011年 GID(性同一性障害)学会 理事長

医学博士、日本精神神経学会 性同一性障害に関する委員会委員

日本産婦人科内視鏡学会 評議員、日本生殖医学会 評議員

日本赴任カウンセリング学会 評議員、等

------------------------------------------------------

二宮 周平 先生

立命館大学法学部教授、法学博士

1974年  大阪大学法学部卒業

1979年  大阪大学大学院 法学研究科民事法学博士課程修了

1987年  立命館大学法学部教授

2009年  立命館大学法学部学部長・学校法人立命館常任理事

                    (2011年度まで)

2011年  ジェンダー法学会理事長

日本学術会議連携会員、日本家族(社会と法)学会理事等

------------------------------------------------------

山崎 新 先生

弁護士  クラマエ法律事務所

2009年弁護士登録

日弁連 両性の平等に関する委員会

東京弁護士会 両性の平等に関する委員会

日本労働弁護団

七生養護学校「こころとからだの学習」裁判弁護団

性同一性障害「法律上も父になりたい」裁判弁護団

------------------------------------------------------

【懇親会】

フォーラム終了後、会場をかえて懇親会を行います。

参加費用は、別途になります(2,500円)。

場所は、当日ご案内いたします。

懇親会だけの参加も可能ですので、お問い合わせください。

【参加対象】

性同一性障害の当事者の方や性別違和をお持ちの方、そのご家族、ご友人の方、

支援者の方、医療機関の方、研究者の方など性同一性障害に理解・関心のある方

であればどなたでもご参加いただけます。

※ 取材や研究目的の方は、必ず事前にお問い合わせください。

【注意事項】

※ 本フォーラムは一般公開です。参加者は、各自でプライバシー保護にご注意

ください。

※ 会場においては、係員の指示に従ってください。

※ 他の参加者に迷惑や不快となる言動を行われた場合、退場していただく場合が

ございます。

※ 許可無く、会場内での撮影や録音は、お断りいたします。

【案内】

HP  http://gid.jp/html/forum/index.html

PDF  http://gid.jp/html/forum/info/28th/images/forum28thLeaflet.pdf

2013年8月 8日 (木)

ESTO東京交流会【第6回資料作成検討会】

日頃、お世話になっています。

ESTOより東京で開催する交流会をご案内いたします。

みなさまのご参加をお待ちしています!

ESTO東京交流会【第6回資料作成検討会】

テーマ:健康保険・年金・雇用保険・労災の保障と税金対策

日時:2013年9月29日(日)13:30〜16:30(開場 13:15)

会場:奥沢区民センター 第2会議室(世田谷区内)

参加費:会員 \500円 非会員 \1,000円

スタッフ:内海・真木

<内容>

これまでESTOには、改名や戸籍の性別を変えるための

家庭裁判所への申し立ての方法、パートナーとの入籍に

ついて、就職時の各種保険加入などの相談が寄せられています。

LIFE&LIVE講座 第二部【法律と保障】の3講座

第4回「名の変更・戸籍の性別変更、子供を持つことの法的問題」

第5回「結婚、婚姻とパートナーシップ制度」

第6回「健康保険・年金・雇用保険・労災の保障と税金対策」

を参考に、性別移行と社会保障についての意見交換会を開きます。

第6回目は「健康保険・年金・雇用保険・労災の保障と税金対策」

がテーマになります。

<参加対象者>

会員および性同一性障害として治療をしている人/治療を考えている人、

性分化疾患で性別を変更するための治療をしている/治療を考えている人

性別移行のための支援を行っている人/支援を希望している人

■申込みおよび詳細はこちらをご確認ください。

http://estonet.info/esto_event/scheduler.cgi?mode=view&no=96

<お問合わせ全般はこちらまで>

性と人権ネットワークESTO

〒010-8691 郵便事業(株)秋田支店 私書箱32号

WEBサイト http://estonet.info

| トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水)

【gid.jp フォーラム26th in 東京】gid.jp 創立10周年記念・性同一性障害特例法成立10周年記念「性同一性障害のこれまでとこれから」

【gid.jp フォーラム26th in 東京】

gid.jp 創立10周年記念・性同一性障害特例法成立10周年記念

「性同一性障害のこれまでとこれから」

2003年7月10日、「性同一性障害者の性別の取扱の特例に関する法律(特例法)」

が衆議院議員本会議で成立しました。それからちょうど10年。

この特例法によって、昨年末までに性別の取扱いの変更を済ませた人は3584名に

達し、またマスコミの影響や当事者の努力などにより、社会に一定の理解が広ま

りつつありように思います。

しかしながら、まだまだ多くの当事者が差別や偏見により苦しい状況におかれて

います。就職や在職での治療は困難を極めていますし、未だ身体的治療に健康保

険は適用されていません。

更に、性同一性障害の概念そのものが、世界的には変わりつつあります。

そこで、今回のフォーラムでは、この10年を振り返り、現状どうなっているのか、

これからどうなっていくのか、私たちはどうすれば良いのかを考える機会にした

いと思います。

講師には国内の一線で活躍されている著名な医師・研究者の方をお招き致しまし

た。これだけの方が一同に揃っての講演を聴ける機会はめったにありません。

ぜひとも、多くの方にご参加いただければ幸いです。

当日は、フォーラム終了後、会場近隣の目黒川沿いのオシャレなレストラン「エ

ル・トレス」を貸し切って、gid.jp創立10周年記念パーティを開催いたします。

こちらにも、ぜひご参加ください。

【日時】

2013年 7月 14日(日曜日)

13時〜18時 (開場 12時30分)

【内容】

12:30〜 開場

13:00 開会、諸注意

<第一部 性同一性障害の過去・現在・未来>

13:10 山内先生講演

13:50 中塚先生講演

<第二部 性同一性障害の身体治療の現状と今後>

14:30 難波先生講演

15:10 百澤先生講演

<第三部 性同一性障害をとりまく状況>

16:00 針間先生講演

16:40 三橋先生講演

<第四部 性同一性障害のこれからを考える>

17:30  講師によるパネル討論・質疑応答

18:00  閉会

※ プログラム内容は、都合により変更になる場合がございます。 

【会場】

南部労政会館 第5・6会議室

・JR山手線 大崎駅下車徒歩3分

・東京都品川区大崎1-11-1

・ゲートシティ大崎 ウェストタワー2F

・Tel.03-3495-4915 (場所の問い合わせのみ可)

※当日は、ゲートシティー内の連絡通路が閉まっています。

一旦1Fに降り、外に出てコンビニの横を通り、1F入口より入場ください。 

【定員】

150名

※ ご予約は不要です。 席は先着順となります。

【参加費】

一般 1,500円

高校生以下 無料(同等年齢含む)

※ 学生証または公的身分証明証をご提示ください。

【講師紹介】

山内 俊雄 様

埼玉医科大学名誉学長  元日本精神神経学会理事長

中塚 幹也 様

岡山大学大学院保健学研究科 教授  GID(性同一性障害学会)理事長

難波 祐三郎 様

岡山大学病院ジェンダーセンター長、岡山大学大学院形成外科准教授

百澤 明 様

山梨大学病院形成外科 准教授、埼玉医科大学総合医療センター客員准教授

針間 克己 様

はりまメンタルクニニック 院長  精神保健指定医

三橋 順子様

都留文科大学・明治大学等非常勤講師、性社会・文化史研究者

【参加対象】

どなたでもご参加いただけます。

【参加申込】

本フォーラムは、一般公開です。

参加申込は必要ありません。当日直接会場にお越しください。

※ 取材を希望される方は、必ず事前にご連絡ください。 

【10周年記念パーティー】

19:00より、会場近隣のレストラン EL TRES (エル トレス)にてgid.jp創立10周

年記念パーティーを開催いたします。

記念パーティーだけの参加も可能ですので、お問い合わせください。 

参加費  3500円

EL TRES (エル トレス)

東京都品川区東五反田2-9-11

03-6450-3356

JR五反田駅 徒歩3分

【注意事項】

※ 本フォーラムは一般公開です。参加者は、各自でプライバシー保護にご注意く

ださい。

※ 会場においては、係員の指示に従ってください。

※ 他の参加者に迷惑や不快となる言動を行われた場合、退場していただく場合が

ございます。

※ 許可無く、会場内での撮影や録音は、お断りいたします。

※ ご了承いただける方のみ、インタビュー等の取材をさせていただくことがござ

います

【問合せ先】

主催  一般社団法人 gid.jp 日本性同一性障害と共に生きる人々の会

<問合せ先>

e-mail  meeting-tokyoあっとまーくgid.jp

〒141-0031 東京都品川区西五反田2丁目6-3 東洋ビル2F

Tel. 03-3492-6071

ホームページ http://gid.jp

案内チラシ  http://gid.jp/html/forum/info/26th/images/forum26thLeaflet.pdf

«第27回ESTO秋田交流会 第11回セクシュアリティを語る会